FXの局面に応じた注文

FXには、それぞれの局面や自分の為替相場の予想に応じた、様々な注文の仕方があります。成行注文(マーケット・オーダー)はその時点でマーケットに出ている注文のうち、最も顧客に有利な価格で取引が実行されることになります。

成行注文はほかの注文形態に優先されることになります。指値注文は、あらかじめ「いくら以上になったら売り」または「いくら以下になったら買い」と価格を指定しておき、マーケットの価格がその水準に達した時点で取引が執行され、指定した価格かそれよりも顧客に有利な価格で取引が成立します。


逆指値注文は、あらかじめ「いくら以上になったら買い」または「いくら以下になったら売り」と価格を指定しておき、マーケットの価格がその水準に達した時点で、成行注文として執行されます。

また、最近ではデイトレーダー向けに素早く発注できるような機能が開発されてきています。GMOクリック証券のスピード注文機能はまさにその代表的なもので、発注ボタンをクリックすると同時に約定する特徴があります。詳しくはGMOクリック証券ナビを参考にして使い方やその他の取引ツール・外為オプションなどのサービスを見てみましょう。


投資スタイルについてですが、順張りでポジションをとる、あるいは持っているポジションを清算する目的で逆指値注文は利用されます。ワン・キャンセルズ・アザー(OCO)は「いくら以上になったら売り」または「いくら以下になったら売り」というように、指値注文と逆指値注文を同時に出し、一方が執行されたらもう一方はキャンセルされる注文方法です。

イフ・ダンは「いくら以下になったら買って、その後、いくら以上になったら売る」というように、指値注文が執行された段階で有効となるオーダーを、あらがじめ指値注文と一緒に出しておく方法です。また、時間を指定して注文する、マーケット・オン・クローズ、マーケット・オン・オープンという注文方法もあります。