外貨投資の條件

FXにおいては、スワップポイントの収益が為替売買取引の収益よりも安定しているので、金利の差で儲けることが基本的な投資のスタンスになります。当然として、円と外貨の中短期の金利の利鞘が大きいほど儲けも大きくなります。

現在、円の中短期での金利は0.5%と非常に低く設定されているので、どの外貨に対しても利鞘は生まれることになります。

利鞘が大きければ、多少の為替変動による損失もそれで補われることとなります。

しかし、スワップポイントで儲けを狙う場合、金利の高さのみに気を取られてはならない点があります。途上国の通貨などに投資する場合は、高金利のみではなく、相手国の政治や経済情勢、国際収支などの諸条件に注意を払わないと、投資資金の回収が困難になることもありえます(カントリーリスク)。

主要国ではない途上国の通貨を購入するのであれば、リスク管理の基本である分散投資を忘れてはなりません。

高スワップ提供業者として有名だったフォーランドフォレックスを吸収合併したFXCMジャパン証券のFXサービスは、高額スワップはもちろんのこと世界的にも評価されている高機能な取引ツールなどが使えるのでこれからFXを始めたい人にとって欠かせない業者だそうです。

通貨分散をして長期投資をしながらコツコツ収入を貯めていく事ができるスワップ投資、おすすめですね。